高卒認定試験  合格してからが本当の勝負です

本人自身がその気になればその努力が報われる試験です。本人が、本気になれば、本人が覚悟した期間よりは、はるかに短期間に、高卒認定試験に合格しています。結果的に一教科の受験で認定されてしまうような場合もあります。試験自身の合格であるならば、それほどのものでもないなと思うことが多いのです。

ところが、その先のところで妥協を強いられることが多いのです。サポート校の推薦や自己推薦などの方法で進学できる学校が、ごくごく限られてしまっているからです。

高卒認定試験は高校の卒業資格、大学への入学資格が得られるだけで、目指す大学への進学にはもうひとつ入学試験という関門があります。それは高校を卒業しても、推薦入試を除いて、入学試験があるのと同じことなのですから、不平等でもなんでもなく当然と言えば当然のことです。しかし、大学入試との間に、極端に厚い壁を親も子も感じてたじろいでしまいがちなのです。

高卒認定試験合格は、これからの人生を切り拓く、第一歩にすぎないのです。高卒認定試験に合格してからが本当の勝負なのです。

すべての試験は、合格自身が目的ではありません。その先にあることをするために必要なのが資格であって一通過点に過ぎません。更なる飛躍のために更なる努力とそれに耐える気概をもって同世代と伍して堂々と闘い汗して得た合格の体験が、その後の人生に生きるものであることは間違いありません。同世代と共に青春を謳歌してこそ挫折からの卒業だと思うのです。わたくしは、それにこだわって指導して、悩むことも迷うことも多いのですが。

親御さんの心配をよそにたくましく成長する若者にわたくしは出会っています。しかし、そうそうあることでもありません。