出る順

出る順〇〇と題されたテキストや問題集がよくあります。

わたくしは、最初からそうしたテキストを使うことには余り賛成しません。試験全体の構造的な関係が捉えられなくなるからです。

試験全体の構造を捉え終えた後からなら効率的であるともいえるでしょうが。

簿記の学習で、簿記の仕組みや記帳の流れをつかまないで勉強するのは合理的ではありません。

かといって、そのものズバリ、全体構造講座なんて謳うものをみかけますが、そのコンセプトやよしとしても、その講座が、全体構造を捉えさせてくれるとは限らないことも事実です。

簿記の学習には、TACのスッキリのシリーズかサクッとわかるのシリーズを入門のテキストに薦めています。簿記の仕組みを構造的にしかもシンプルに示しているからです。商業高校や資格学校の下手な先生よりもわかりやすい教材といえます。