人のために役立ちたい

伊藤塾の司法書士の合格体験記の小冊子の中で、貧しい人のために役立ちたいという決意が書かれた一文に釘づけされました。

もう二十年も前のことですが、入院中に知り合った癌病棟の青年が、退院できたら、これからは人のために役立って生きたいと真剣そのものにわたくし語る、その姿に衝撃を打たれた、あの時を思い出しました。

あの時から、わたくしは、彼の夢を受け継ぎ、彼の夢を果たすために生きたいと願うことで、自分の病や迷いから打ち克つ道を見い出して、やっとここまで到ったのだと、そのとき実感していたのです。

あのときから、いろんな場で、あの時と、同じように、純粋そのものの青年に出会いました。そして、まじめに働く、その姿にも感動したのです。コンビニにも、介護施設にも、病院にも、そんな青年たちがたくさんいるのです。

人のために役立ちたい、あの青年の、素晴らしい思いが息づく社会に少しでも近づくようにしたい、そう思ってわたくしは生きてきたはずと、改めて立ち止まり、反省させられたのです。