魔の小学5年生

落ちこぼれという言葉がありますが

5年生から本格的に始まるということがいわれます。

一気に、知識が盛りだくさんになるからです。

学校で、オール4以上から5が半分あたりの成績でいた人は、成績に対する過敏さ、優越感と劣等感の両意識を持って生きているなと感じてきました。資格学校で教え、そのあと、成人に個人指導するようになって、ますますその意を強めました。

自分はできるほうなのだと自負しながら、分からないままに過ごしてきてしまったことが多いとも自覚ができていて、却って、学ぶことに自信を失ってしまっているのです。また、わからないことをそのままにしてしまっていることにくよくよしていても、分からないままに放置しまっているのです。

そして、大人になっても、なぜか、そのままの生き方をひきずってしまうのです。できないほうが開き直ることができてしまうのにです。学校の勉強が全くできなくても、仕事を事業を立派にやっている先輩はいくらでもいるのにです。その反動が形を変えて人格に止まらず、社会の形成に影響を与える場合も多いのです。学校の病理、社会の病理ともいえるのかもしれません。案外、それは、学校という社会、教師に巣くっていることかもしれません。教師にそんな人が多いのです。そう言えば、訓練校の先生が元教員は資格が取れないと断言していました。序列の弊害そのものの現れです。

その始まりが小学5年生です。学力テスト1位の秋田では、そのはじまりの5年生に着目しているようなのですが。

さて、自信を持って生きることの大切さ、主体的に生きることの大切さは、シュタイナーが教えています。わたくしは今から、40数年以上も前、それをもじって、「したいなあ学院」と名付け、プレートまで作って、出世払い方式の無料の塾を構想していたことを思い出します。わからないままにいること、わからないことがあること、わたくしはもちろん、ほとんどの人が感じていること、感じるべきことでもあることなのです。謙虚さは,自信をもって生きるうえにも大切な価値なのです。