塾づけ症候群

子どもにでもおとなにでも塾づけ症候群といってもよい重い病状を感じることが多くなりました。不合格の原因を塾や資格学校のせいにして、ドクターショッピングならぬ、スクールショッピング、あっちの塾や資格学校、こっちの、そっちのと渡り歩くのです。残念なことにどの塾も資格学校もつまずいて困っている者を対象にする講座やコースはありません。似たり寄ったりの講座を受け直すだけなのです。やりなおし講座というのをつくるのが良心的な本物のもののはずです。

小学校の高学年ぐらいの学習事項からもうつまずいてしまっている子どもだけでなく、おとなも大半を制してしまっているのが現状です。決して、それはゆとり世代からのことではありません。算数では、小数の割り算辺りから怪しくなります。概念としての理解に欠けるのです。国語では、文章を読むという基本、動詞の活用から始まる言葉の音韻的・概念的・機能的理解のあたりで出遅れてしまいます。それで、当然、まともな日本語が書けない大人が溢れることになります。

学校はもちろん、塾に行っている子どももつまずきは、つまずいたまま、そのままに、次に進んでいきます。塾に行かない子どもも、親からの監視と親から与えられた○○ゼミの教材や市販の教科書準拠問題集をひたすら答えを埋めることを強制され、学校や塾と同様教材をこなしていくだけです。

どこにいっても、自らの好奇心や探究心を持って学習に取り組むという本当に大切なことを身につける機会が奪われてしまっているのです。マークシートやタブレット学習に代表される、結果だけの学習に終始して、学習に大切なプロセスが疎かにされています。実は、親からも塾からも学校からも放置された子どもたちが一番深刻なのですが。

子どもと向き合い、対話によって、子どもの探究心や思考力を育てること、それこそが古代ギリシャからつづく職業人としての家庭教師(チューター)が求めてきたもの、教育の理念的な一番の方法なのです。ゆとり教育が非難されましたが、ゆとり教育の理念は非難すべきものではないと思うのです。むしろ、その理念は、教師にとって、しんどいゆとりのないものとなるはずのものだったの思うのです。

子どもから謙虚に学び、子どもとともに成長する親や教師が、 良い親であり良い教師であることには間違いありません。わたくしは、学校にも塾にも親にも、手抜きを感じて仕方がありません。未来を見つめ、夢ある未来を築く子どもを真剣に育てたいものだと思うのです。

それにしても、カッコイイからとかいって、子どもにあれもこれもと習い事をさせ、ペットのように服従させている母親が多くなりました。

「先生、ことわざにもあるでしょう。親以上に子どもは育たないものです。うちの子は本当によく頑張っていると、感心しています。」

ということを口癖にしていた親の子が、医師に弁護士になったりしました。

子に対して、正直に謙虚に温かく接した親のその姿を知っていれば、すべてその結果も納得できることなのです。

親も子どもから学び、また成長をするのです。