宅建 マン管・管理業務主任者

訓練校で6箇月間簿記などを習いながら一気に挑戦しました。マン管の試験が遠方の叔父の葬儀と重なりましたが,他は運よく合格できました。これらの試験内容相互に関連があり、これらの組み合わせも効率的な受験方法でした。

行政書士試験は業務の試験というよりは、法学部の単位取得のための定期試験に近いということができますが、宅建・マン管・管理業務主任者試験は業務の試験の色彩が濃いということができます。実際に試験を受けてみて、知らない者同士の集いといった雰囲気の行政書士試験とは異なり、同業者の毎年の行事といった雰囲気が会場にまでありました。

合格後、宅建は、中京法律専門学校の学生と業者の方のふたりをを最初に同時に教えたのですが、どちらの方も、何回かの挑戦を経験しての出会いでしたので、むしろ、業務の分野よりも権利関係(民法)の分野に力を入れることで合格に導くことができました。管理業務主任者試験のほうは、試験会場で出会った高齢のマンション管理組合の役員の方でしたが、簿記の仕訳、区分所有法に力を注ぎました。行政書士試験と違って、これらの試験合格者は官報にも掲載され、感謝されました。

どうも、義務的・受け身的に受けている方が多くて、切り替えさえ出来れば合格できる方が多いと思います。最初にお教えした学生さんは、7割で合格するところを8割を超える得点で、「取り過ぎた 取り過ぎた」と後悔していました。マンション管理士試験は、また、問題文と答えにセンスがあり、感心してきました。

各資格試験の合格体験記のほか、「宅建合格後のお話」(不動産法律セミナー2008年11月号~1月号 東京法経学院)を連載させていただいています。